東洋医学の不妊治療でできること  

ホルモンバランスを整える

不妊に悩む女性には、女性の卵巣機能ホルモンバランスつかさどる「腎」に何らかの問題があるケースが多いようです。鍼治療ではこの「腎」の働きを高め、乱れていた月経周期や、月経期、卵胞期、排卵期、高温期(黄体期)、それぞれに起こるホルモン分泌が順調になるように整えていきます。そうすることで、自然に妊娠しやすい体導いていきます。

卵子の質を上げる

女性の卵巣機能は「腎」によってコントロールされていますが、この「腎」の働きが低下している時は、やはり妊娠しにくい状態に。このような場合は、鍼治療で「腎」サポートする「補腎」(ほじん)を行うことで、卵巣機能を高めることができます。その結果、「腎年齢」=「卵巣年齢」実年齢よりも若く維持することができるので、よりコンディションのいい卵子が排卵されるようになります。

子宮内膜を整える

精子と卵子がタイミングよく出会って受精しても、うまく着床できなかったり、着床しても育たないことがあります。このような場合、

「腎虚」(じんきょ)
「腎」の働きが低下した状態
「瘀血」(おけつ)
「血」のめぐりが悪くなっている状態

になっていると考えます。このような状態を改善すると、子宮内に充分な血液と栄養がめぐるため、子宮内膜は適度な厚さと温かさ、柔らかさを保ち、受精卵をやさしく受け止め成長させていくことができます。

東洋医学の不妊治療では、体に無理な負担をかけずに
全身のバランスを改善しながら、なるべく自然な形で妊娠できます。
西洋医学の不妊治療と併用する場合、副作用の軽減や治療効果の向上に役立ちます。

 あなたは、このような症状でお悩みになっていませんか?

   チェックしてみましょう!   

○おなかや背中の肌色にむらがある

○おへその周りが黒ずんでいる

○赤ら顔、または鼻の頭が赤い

○唇が紫っぽい

○歯ぐきの色素沈着

○青あざができやすい

○手のひらが赤い

○痔出血

○ふくらはぎや太ももの血管が浮き出ている
(静脈瘤)

○肥満

○甘い物や脂っこいものが無性に食べたい

以上の症状が思い当たる方は体の「冷え」が強く、  卵子や内膜に影響しやすい体質です。当院の治療は、身体を温め、気・血・津液を整えることで、ぽかぽかの赤ちゃんが育ちやすい環境つくりを目指しています。
           

タイプ別症状    

東洋医学の不妊になりやすい症状をタイプ別に分けると...

           

瘀血(おけつ)証タイプ
・生理に血の塊が混じる
・生理前に胸にある程度の強い痛みを伴う
・生理時に下腹部にある程度の強い痛みを伴う
・舌、爪の色がなんとなく悪い

腎虚証タイプ
顔色がなんとなく、くすんでいるように見える
・髪が細く弾力が少なく、艶もなんとなく無い
・疲れやすい
・時々腰痛が起こる
・生理が不定期で、時にはなくなったりもする

虚寒証タイプ
・寒がり
・冷え性である
(特に足がよく冷える、冷えすぎて火照ることもある)
・顔色がどことなくすぐれない
・手を当ててみると、下腹部が冷たく感じる

水分代謝異常(津液)タイプ
・むくみが出来やすい
・おりものが比較的多い
・生理が不順である

混合タイプ
・1~4タイプが混合したもの
※1つひとつの症状はあまりきつくなく、部分的に症状が混在して現れる

赤ちゃんに恵まれにくい体質の原因は、人によってさまざまです。
自分のタイプを知って、自分のからだと向き合ってみましょう。
東洋医学の治療では、一人一人の原因に合った治療をしていく事で、
体質を改善し、妊娠へと導いていきます。

  

 

体質改善の為にできること

 

下半身を冷えから守ろう
 
靴下、スパッツ、レッグウォーマーを身につけ、
 長時間座る時や、寝るときに湯たんぽを活用しよう!

東洋医学的な 「気」 「血」 を補う 食べ物 をとろう
 からだを温めるしょうがや、黒ゴマなど黒い食べ物を積極的に摂ろう。
冷たい飲食物や生ものを避けよう
 白湯がオススメ!ゆっくり飲もう。
良質のたんぱく質をとろう
 
植物性たんぱく質がオススメ。
ゆったりとした気分で過ごそう
 
ストレスを溜めずにうまく発散させよう。
体を動かして血流をアップしよう
 運動をしていない場合はウォーキングから始めては?
睡眠はたっぷりととりましょう

 夜10時~2時の間に深い眠りに入るのが理想的!